革職人の日記

トラッカーウォレット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

オーダーを頂きブラックサドルレザーで
仕立てたトラッカータイプの長財布です。
CIMG0720

CIMG0721

CIMG0722
▲黒革に白の糸で仕立てました。

CIMG0723

CIMG0727

CIMG0728
▲インナー

CIMG0724
▲マチの折れ部分が仕切りの隙間を
スライドしながら開閉する構造で札入れと
フリースペースにマチを仕込んで開きを
大きく取る仕組みを取り入れ仕立てました。

※この仕様を取り入れることにより18cmと
長財布にしてはコンパクトでありながら
紙幣の出し入れや、カードの出し入れ等
スムーズの行えます。

インナー仕様の詳細⇒コチラ

CIMG0725
▲コインポケットの裏側面にカード差しをset
する事で、トラッカーモデルの弱点でも
あるカード収納の悪さもこれで少しは解消でき
てると思います。

1
トラッカーウォレットとの由来は50年代、
当時トラックドライバーが、伝票等を入れる
ため誕生した物で、サイズも伝票、書類の
サイズに合わせ大きめで、素材もスプリットという
ペラペラで最も安い革で作られたものでした。
そしてバイカーズウォレットに必要不可欠
な物として、ウォレットロープ、チェーンがあります。
これは、当時スーツを着て働くホワイトカラー
とよばれと人たちは、サイフをスーツの内ポケットに
入れるのに対し、作業着を着ているブルーカラーの
人たちは、作業着の後ろポケットに入れるので、
万が一落としても大丈夫なように、セーフティーいわれた、
チェーンを付けるようになったのが始まりだといわれています。
001
トラックドライバーは運転中ポケットに財布を
入れたままだと邪魔になるのでポケットから
出して運転することが多くドライブイン等に
立ち寄り車から降りる際に財布の置き忘れを
防止するためにチェーンが取り付けられた
とも言われています。