オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 修理/リペア

財布の破れ修理/リペア

宮城県のY様から、長年の
使用による経年劣化で、
表面が破れてしまった
他社製ロングウォレットの
修理依頼を頂き、裏張りを
してから破れ部分に装飾的に
革を縫い合わせ修理をしました。


■修理前


■修理完了後

ツーリングバック(タンクバック)の修理

依頼を頂き、長年の使用に
よる経年劣化でファスナーの
付け合せ部分がほつれ
マップポケットの付け合せ部分が
破れててしまった年代物の、
コロナツーリングバックの
修理をさせて頂きました。


■修理前


▲ファスナーの付け合せ部分の糸がふつれて
しまっています。


▲マップポケットとファスナーの付け合せ部分が
破れてしまっています。


■リペア完了

▲ほつれ部分は
縫い直しました。


▲マップポケットの破れ部分は革を継ぎ足して
縫い合わせリペアしました。

乗馬ブーツの修理

ストラップの付け根部分が切れて
しまった乗馬ブーツの修理依頼を
頂き、破損部分を新たに再生して
修理をさせて頂きました。


■修理前


▲ストラップ片側の付け根部分は切れて
しまっています。


■修理完了後


▲破損パーツを再生して付け直しました。

DAVIDAヘルメットのリペア

埼玉県のF様からDAVIDAヘルメットの
耳当て部分の破れ/スナップボタンの破損、
インナーの破れのリペア依頼を頂き、
耳当て部分はパイピングを解き
破れ、劣化部分の表と裏に革を
貼り合せパイピングを戻し、
スナップボタンを新品に交換、
インナーの破れは裏から革を
貼り合せリペアをしました。


■修理前


▲耳当て部分の革が劣化して破れ、内側の
生地も破れ、スナップボタンが破損
しています。

▲インナーの破れ箇所


■リペア完成

縄跳びの修理

長年の使用による経年劣化で
切れてしまった革製縄跳びの
劣化部分をベルトを製作する
時に使用するベンズと呼ばれる
繊維の密度が最も高い背中の
部位の革で劣化の激しい部分を
再生し繋ぎ合わせ修理をしました。


■修理前


■修理完了


■修理過程


跳ぶ際に床に接触する部分の劣化が激しいので
ベルトを製作する時に使用するベンズと
呼ばれる繊維の密度が最も
高い背中の部位の革で
劣化の激しい部分を
再生し繋ぎ合わせ
修理をしました。

▲繋いだ箇所に布テープ巻いて補強しました。

ショルダーバックの修理

ショルダーベルトの付け根部分が
経年劣化が原因で切れてしまった
ショルダーバックの修理依頼頂き、
バックとベルトを継なぐジョイント部分を
近い感じの革で再生して修理しました。


■修理前


▲バックとショルダーベルトを繋ぐジョイント部分が
両側とも千切れてしまっています。


■修理完了後


▲ジョイント部分を近い感じの革で
再生して修理しました。

二つ折り財布の修理

シャフトへの接続部分が
切れてしまった二つ折り財布の
修理依頼を頂き、接続パーツを
近い感じ革で作り修理をしました。


■修理前


■修理完了後

サドルバックの修理

カブセ(フタ)のフチに
パイピングが破れてしまった
サドルバックの修理依頼を
頂き、破損部分を近い感じの
革で再生し修理しました。


■修理前


■修理完了後

革パンのファスナー修理

依頼を頂き、フロントジッパーが
壊れてしまったレザーパンツの
ファスナーを、新しいファスナーに
交換して、修理をしました。


■破損したファスナーを外して、新しいファスナーに
付け替へ修理をしました。


■修理前の状態

腰袋と鑿さしのリペア

静岡県のO様から依頼を
頂き、腰袋2個と鑿さしの
リペアをさせて頂きました。


■腰袋1リペア前


▲底部分の左右の角が破れて穴があいています。


■腰袋1リペア完了後


▲角にこんな感じ当て革をしてリペアしました。


■腰袋2リペア前


▲底部分の片側の角の縫い目のほつれと
穴があいています。


■腰袋2リペア完了後


■鑿さしリペア前


▲糸がほつれています。


■鑿さしリペア完了後