革職人の日記

日別アーカイブ: 2018年5月6日

ショルダーバックの修理

ショルダーベルトの付け根部分が
経年劣化が原因で切れてしまった
ショルダーバックの修理依頼
頂き、バックとベルト継なぐジョイントパーツ
を近い感じの革で再生して修理しました。

▼修理前
CIMG3069

CIMG3068
▲ジョイン部分が長年の使用による摩耗が原因で
両方共で切れかかっています。

▼修理完了後

CIMG3112
▲色、質感の近い革で付け根部を
作り直して修理しました。

※社外品の製品でも修理やパーツ交換等、
出来る範囲内にはなりますが態様致しますので
ご相談ください。内容によりましては態様
できない場合もございますが、その点に
付きましてはあらかじめご了承ください。