革職人の日記

カテゴリー別アーカイブ: 修理/リペア

ショルダーストラップの金具交換 修理

依頼を頂き、金具(ナスカン)が破損した
ショルダーストラップの金具の交換を
させて頂きました。
無題

◆交換前
CIMG8283

CIMG8284

CIMG8282
▲長年の使用による劣化で折れてしまったナスカン

◆交換後
CIMG8321

CIMG8320
▲以前より頑丈は作りのナスカンに交換しました。

リュックの修理

依頼を頂き、ストラップの
付け根部分が切れてしまった
他社製のリュックを付け根部分を
新しく作り直し修理しました。
無題

▼修理前
CIMG8322

▼修理後
CIMG8327

 

サンドバック修理

依頼を頂き、底の部分が
壊れてしまったサンドバックの
リペアをさせて頂きました。
無題

DSC_0140
▲長年殴られ続けた経年劣化等で
底の部分がこんな感じに破れて
しまっています。
DSC_0141

DSC_0142
▲手縫いで破れ部分を縫ってから大きめに
革を貼ってリペアをしました。

他社製長財布のファスナー交換

岩手県のE様から依頼を頂き、
ファスナーのテープ部分が破れた
他社製ロングウォレットを
ファスナー交換させて頂きました。
無題

CIMG8151
▲長年の使用による経年劣化でテープ部分が
破れています。
CIMG8154
▲ファスナーを交換するため交換できる
所までバラします。
CIMG8153
▲破損したファスナーを外し新しいファスナーに
付け替え同じミシン穴で縫い付けて行きます。
CIMG8163
▲同じミシン穴で組立完成!!

トートバックのファスナー修理と経年変化

5年程前に、黒のシュリンクレザーを
使用してオーダーメイドで販売した
トートバックのファスナー修理を
させて頂きました。
無題

■修理前
CIMG8033
▲長年の使用からの生じる経年劣化が原因
でファスナーの噛み合いが悪くなり
閉じた状態にしても開いてしまう
不具合が見られます。

■修理完了
CIMG8073
▲新しいファスナーに交換して修理完了

▼経年変化
CIMG8031
▲約5年間ヘビーローテーションで
使い込まれたシュリンクレザーは
革本来の風合いを感じさせる
いい感じのエイジングを
醸し出しています。
CIMG0128
▲5年前の完成時に撮影した画像

ミドルウォレットのレース修理

茨城県のM様から依頼を頂き
他社製ミドルウォレットの
部分的に切れてしまったレースの
編み直し修理をさせて頂きました。
無題

▼修理前
CIMG8050

CIMG8051

CIMG8052

CIMG8053
▲上下の折れ部分のレースが長年の使用による
経年劣化で入れています。

▼修理過程
CIMG8059

CIMG8060
▲新しいレースで編み直していきますが部分的に
新しいと違和感がありますので染料で
エイジング加工を施します。

▼修理完了
CIMG8068

CIMG8070

CIMG8071

CIMG8072

CIMG8069
▲レースが馴染むようにエイジング加工を
施し修理完了

5年使用した長財布の経年変化と修理

5年程前に、ブラックサドルレザーに
バスケットのスタンピングワークを施し
オーダーメイドで販売した
トラッカーウォレットをファスナー修理
の為お預かりしました。
無題

▼完成時の画像がコチラ
CIMG6180

CIMG6181

CIMG6182

CIMG6184

CIMG6183

▼5年使用後の画像がコチラ
CIMG8005

CIMG8006

CIMG8007

CIMG8008
▲ほぼ毎日、ヒップポケットに差しヘビーローテションで
使い込まれたウォレットはライフスタイルを映し出し
無骨でワイルドなエイジングに
仕上がっています。

■ファスナー修理
無題2
CIMG8012

CIMG8011
▲長年の使用による経年劣化からファスナーの
生地部分が破れてしまっています。
CIMG8013
▲コインポケット部分を解体してファスナーを
交換して修理しました。

▼修理完了後
CIMG8014

 

革パンのファスナー交換

依頼を頂き、フロントジッパーが
壊れてしまったランディングパンツの
ファスナーを交換して修理をさせて
頂きました。
無題

◆経年劣化でスライダーがは破損したファスナーを
外し新しいファスナーに交換して
修理すりため破損したファスナーを
まずは外します。
CIMG7798

CIMG7889
▲破損したファスナーを外し新しいファスナーに
付けて縫っていきますがファスナー周りの
構造が複雑で苦戦を強いられました。
CIMG7890

CIMG7891
▲そして無事ファスナー交換完了

ベルトポーチの修理

依頼を頂きベルトループのフチと
付け根部分がホツレてしまった
他社製のベルトポーチの修理を
させて頂きました。
無題

CIMG7674

CIMG7673

CIMG7675
▲ループのフチはミシンで縫い直し、付け根部分は
手縫いで縫い付け修理しました。

▼修理前
CIMG7663

CIMG7662

▼この度修理をさせて頂いたベルトポーチ
CIMG7664

 

ヘルメットのストラップ修理

依頼を頂きストラップがキレて無くなって
しまったビンテージトヘルメットの
ストラップを黒の牛革で作り直し
リペアをしました。
無題

▼リペア前
CIMG7481

CIMG7482
▲付け根付近に1cm位残ったストラップに残り
部分に作り直したストラップを縫い付ける方法で
リペアを施しました。

▼リペア完了後
CIMG7524

CIMG7523

CIMG7519

CIMG7521