革職人の日記

カテゴリー別アーカイブ: 修理/リペア

ランドセルの修理

ランドセルの修理依頼を頂き、
ランドセルの肩ベルトと肩カンの
繋ぎ部分の切れかかった
肩ベルト側のジョイント部分を
新たに近い感じの色の革で
作り直し修理しました。
CIMG4122

CIMG4123
▲切れかかったジョイント部分のを一旦取り除き
手染めランドセルに近い感じの色に染色を
施したヌメ革で付け根部分を再生して
背カン巻いてカシメで止め繋ぎ直しました。

▼修理前
CIMG4121

CIMG4120

 

バッグ持ち手のリペア

長年の使用よる経年劣化で
擦り切れてしまったたバック持ち手の
修理依頼を頂き、擦り切れた部分に
革を巻いて補修しました。

▼リペア前の状態
CIMG4007

CIMG4008

▼リペア完了後
CIMG4036

CIMG4038
▲同色で質感の近い感じの革で巻いて
縫い付け補修をしました。

バックのホツレ補修

トートバックのホツレ補修の依頼を
頂き、元の色に使い色の糸で
縫って補修しました。
CIMG3363
▲修理前
CIMG3393
▲修理完了後
★明るさの関係で色が違って見えますが同じバックです。

※このようなちょっとした修理でもお気軽に
ご相談ください。

 

ショルダーバックの修理

ショルダーベルトの付け根部分が
経年劣化が原因で切れてしまった
ショルダーバックの修理依頼
頂き、バックとベルト継なぐジョイントパーツ
を近い感じの革で再生して修理しました。

▼修理前
CIMG3069

CIMG3068
▲ジョイン部分が長年の使用による摩耗が原因で
両方共で切れかかっています。

▼修理完了後

CIMG3112
▲色、質感の近い革で付け根部を
作り直して修理しました。

※社外品の製品でも修理やパーツ交換等、
出来る範囲内にはなりますが態様致しますので
ご相談ください。内容によりましては態様
できない場合もございますが、その点に
付きましてはあらかじめご了承ください。

バイク用ブーツの修理

ファスナーが破損したバイク用ブーツの
修理依頼を頂きファスナーを交換して
修理しました。
CIMG2618

CIMG2619
▲ファスナーの破損部分

▼古いファスナーを外し新しファスナーに交換
CIMG2642

CIMG2642

▼修理完了
CIMG2653

CIMG2652

 

革ジャンのリメイクと修理

レザースポーツジャケットのリメイク&修理の
依頼を頂き袖口へカフスを製作しての袖丈延長と
背中のヨーク(革の切り替えし)縫い合わせ部分の
糸ほつれを修理しました。
CIMG2648

CIMG2641
▲質感の近い革でカフスを製作し袖口に
縫い合わせ袖丈を延長しました。
CIMG2649
▲カフスのボタンには925シルバー製の
コンチョを使用

▼リメイク前
CIMG2634

CIMG2635

▼背中ヨーク(革の切り替えし)のほつれ修理
CIMG2636

CIMG2637
▲5cm程糸がほつれて縫い合わせが
外れています。

▼修理後
CIMG2650

CIMG2651
▲太さが近い黒の糸で縫って修理しました。

ライダースジャケットのファスナー交換

依頼を頂きフロントファスナーに
Zip Teeth(務歯/むし)の変形が原因で
開閉に支障が生じてしまった
Lewis Leathers Super Phantomを
お客様がお持ちになられた
CLIX ジッパー使用して交換修理を
させて頂きました。
CIMG2408
▲お預かりしたルイスレザーのSuper Phantom
CIMG2409
▲画像だと分かりにくいと思いますが
Zip Teeth(務歯/むしに
変形が生じています。
CIMG2479

CIMG2480
▲お客様がお持ちになられたCLIX ジッパー

▼交換作業
CIMG2445

CIMG2446
▲付いているファスナーの外し作業
CIMG2448
▲中身はこんな感じ
CIMG2482
▲新しいいファスナーの取り付け
CIMG2486
▲縫い付け
CIMG2512

1520666659876
▲完成

B3 フライトジャケット破れリペア

B3 フライトジャケットの破れリペアの
依頼を頂き、当て革を縫い合わせ
補修しました。
CIMG2356

CIMG2355
▲肩辺りに経年変化劣化が原因で生じたと
思われる破れがありますので
そこをリペアします。
CIMG2357
▲まず継ぎ目の糸を解し近い感じの革をを
糸を解した間に挟み込みながら当て革
貼ります。
CIMG2359

CIMG2358
▲そして貼った当て革を縫い合わせます。
CIMG2361

CIMG2360
▲そいてリペア完成

バッグの持ち手(巻革)修理

長年の使用よる経年劣化で擦り切れ
ボロボロになってしまったバックの巻革部分の
修理依頼を頂き、元の合皮素材から
牛の本革で新たに作り直し修理しました。

▼リペア前の状態
CIMG2412

CIMG2411

▼リペア完了後
CIMG2432

CIMG2431

 

ヘルメットのリペア

依頼を頂き表面が剥がれボロボロに
なってしまったジェットヘルメットの
イヤーパットとストラップ革を
本革で作り直して
リペアしました。
CIMG2267

CIMG2268

CIMG2269

CIMG2270

CIMG2271
▲経年劣化が原因で合皮素材のストラップ革と
イヤーパットの合皮素材部分の表面が剥がれ
ボロボロになっていますので、本革で作り直し
リペアしていきます。

▼イヤーパットのリペアから
CIMG2272

CIMG2273

CIMG2274

CIMG2275

CIMG2276
▲ボロボロにイヤーパットは一旦全部剥がして
ボロボロの合皮部分を取り除き合皮部分だった
部分を本革にして貼り直します。
CIMG2277

CIMG2278
▲柔らかくイヤーパットに適した牛革を選び
縫い合わせイヤーパットを作り直します。
CIMG2290

CIMG2291

CIMG2292
▲本革で張り替えたイヤーパット

▼続いてストラップ革のリペア
CIMG2279

CIMG2270
▲ストラップ革は本革で作り直します。
CIMG2280
▲ストラップ革はイヤーパットに使用した牛革よりは
張りのある革で製作しました。
CIMG2281
▲牛本革で作ったストラップ革
CIMG2293

CIMG2294

CIMG2296

CIMG2297

CIMG2298

CIMG2299
▲作り直したイヤーパットとストラップ革を
ヘルメット本体に取り付けリペア完了