革職人の日記

トートバックの持ち手修理

Share on Facebook
LINEで送る

依頼を頂き、持ち手の付け根部分が
経年劣化が原因で切れてしまった
他社製のトートバック修理依頼頂き、
持ち手の付け根部分に近い感じの
革を巻いて修理しました。
無題

CIMG8411
▲経年劣化で片方の持ち手が付け根部分から
切れています。
CIMG8445

CIMG8446
▲こんな感じで付け根部分に革を巻いて
修理しました。
CIMG8443

CIMG8444
▲切れていなかった片方も劣化が進んでいたのと
見栄えのバランスを考え同じように革を巻いて
補強をしました。