革職人の日記

新作のダイヤキルティング ラウンドファスナー長財布

Share on Facebook
LINEで送る

左右非対称でアウトラインに曲線を
取り入れたラウンドファスナーロングウォレットの
新型モデルをベースにダイヤキルティングの
ステッチワークを施したソフトな牛革と
ブラックサドルレザーを組み合わせ
製作したオーダー品の長財布です。
CIMG1917

CIMG1918

CIMG1920

CIMG1921
▲ステッチは赤
CIMG1925
▲ダイヤキルティング部分にはシュリンクと
称されるシボ(表面の凹凸感)が
特徴的なクロームなめしの
ソフトな牛革を使用して
当て革部分とインナーに
ブラックサドルレザーを使用
CIMG1923
▲当て革1
CIMG1922
▲当て革2
CIMG1926
▲インナー仕様
◆ファスナーコインポケット:一箇所
◆マチ付き札入れ兼フリースペース:三ヶ所
◆カード差し:8枚態様
◆札入れ仕切りにポケット一箇所
CIMG1927
▲カード差しのカットラインは翼を広げ
羽ばたくイーグルがモチーフ
CIMG1924
▲ウォレットロープ/チェーンのジョイント部分
は真鍮製のDカンを使用