革職人の日記

山ぶどう籠ポーチをメディスンバックにリメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

依頼を頂き、お客様がお持ちになられた
山ぶどうの籠ポーチをメディスンバックに
リメイクしました。
CIMG1019

CIMG1020
▲厚手のサドルレザーでフタを作りました。
CIMG1022
▲コンチョは50セントケネディーイーグルを
叩き加工して製作したコンチョを使用し、
フタの開閉はコンチョに鹿革のレースを
チョークして開きを固定する仕様です。
CIMG1024
▲焦げ茶の柔らかい牛革でインナーを
作り取り付けました。
CIMG1018

CIMG1017
▲こんな感じにベルトにぶら下げて
使用します。

▼リメイク前の山ぶどう籠ポーチ
CIMG0998

CIMG0999
▲専門の職人さんが丁寧に編み上げ
作り上げた逸品です。